帯広の冬、やはり寒いですが…

帯広の冬、やはり寒いですが…

こんばんは。

気がつけば、1月も折り返し…。早いですね。

先日、寒いでお馴染み「陸別町」(十勝最北端の町です)ではマイナス27℃を観測しました。

夜間に放射冷却現象が効いたことで、熱が宇宙へ逃げて冷え込みが強くなったそうです。

寒さが厳しい今日この頃ですが、十勝地方は晴れの日が多く、大雪山系を遠くに眺めていると十勝にきてよかったなと心から思います。

先日の十勝毎日新聞に大変興味深い記事が上がっていました。

詳しい内容は省略しますが、真冬日(最高気温が0℃未満)が100年前に比べて約半分になっているという内容でした。

冬は寒い寒いと思ってしまうため、全く意識していなかったですが、温暖化はやはり進んでいるんですね…。

▼会社から見える大雪山系です▼

手前に見えるソーラーパネルは十勝が誇るお菓子メーカー柳月さんのものです。

写真だと寒さも迫力も伝わりにくいですが気持ちだけでもお届けします笑

今年の夏はどうなるのでしょうか。

作物にとって過ごしやすい夏だとありがたいですが…。

Back to blog