美味しいパン作りにはEating Hokkaido(イーティング北海道)の北海道産小麦粉がオススメ

美味しいパン作りにはEating Hokkaido(イーティング北海道)の北海道産小麦粉がオススメ

パン作りにはEating Hokkaido(イーティング北海道)の北海道産小麦粉を選びたい 

できるだけ国内の原料にこだわったパン作りをするなら、北海道産にこだわった、Eating Hokkaido(イーティング北海道)を利用するのがおすすめです。特に小麦粉は、国内消費量の88%は海外からの輸入品です。国内で栽培されている小麦粉は、全体のわずか12%のみで、その約65%は北海道産小麦粉です。北海道産小麦粉にもいろいろな品種があり、それぞれ特徴は異なります。そのため、Eating Hokkaido(イーティング北海道)のように複数の品種を取り扱っていて、パン作りにピッタリの小麦粉やブレンド小麦粉などが充実したラインナップとなっているショップを選ぶのが得策です。

パン作りに適した小麦粉の選び方

小麦粉には、粘性によって強力粉や中力粉、薄力粉の3種類に分類できます。このうち。フンワリ軽い食感が期待できる薄力粉は、蛋白が少ないという特徴があり、ケーキやクッキーなどのお菓子作りに適しています。中力粉は、うどん麺などの麺づくりに適していて、パン作りに適した小麦粉は強力粉と呼ばれる蛋白性が高い種類となります。

強力粉にも、たくさんの品種があります。Eating Hokkaido(イーティング北海道)では、パン作り用の強力粉ブレンドが複数の商品としてラインナップされているので、要チェックです。例えば「春の香りの青い空」では、ほんのりした甘みが特徴の「春よ恋」に加えて、弾力性やモッチリ間が魅力の「キタノカオリ」や「きたほなみ」などがパン作りに適した配合率でブレンドされています。 

その他にも「ユメミルうさぎ」は、食パン作りをしたい人に人気があるブレンド強力粉です。モチモチ感の強い超強力粉麦の品種「ゆめちから」をベースにして、「きたほなみ」や「キタノカオリ」「はるきらり」など複数の品種を絶妙にブレンドすることで、ふわふわでモチモチの食パンづくりに役立ちます。

パン用小麦は保管方法にも注意が必要

小麦粉は、通気性が良くない場所で保存すると、周りの食材やにおいが粉に移りやすいという特徴があります。そのため、保存する際には密閉容器に入れた上で、室温保存することをおすすめします。密閉容器に入れることによって、ニオイ移りを予防できるだけでなく、ダニが入り込むことも予防できます。冷蔵庫での保管は、カビが発生する原因となるので、避けたほうが良いでしょう。

北海道産パン用小麦粉一覧ページはこちら