北海道産小麦粉を使ったパン作りの方法 | Eating Hokkaido(イーティング北海道)

北海道産小麦粉を使ったパン作りの方法 | Eating Hokkaido(イーティング北海道)

パン作りは素材で決まる!だから北海道産小麦粉がおすすめ 

小麦粉には様々な品種があり、それぞれ特徴が異なります。Eating Hokkaido(イーティング北海道)では、パン作り用の小麦粉をブレンドしたものや、食パンに特化したブレンド強力粉などをラインナップしています。Eating Hokkaido(イーティング北海道)が取り扱う小麦粉は、どれも北海道産小麦粉を厳選しているだけでなく、品質の面でも安心できるという点もおすすめです。 

パン作りに適した品種の小麦粉を使うと、仕上がりの色や香り、食感や膨らみ加減などまで、完成度と満足度が高くなります。素材を上手に選ぶことで、パン作りの結果が大きく変わります。 

パンの作り方 

パン作りにおいては、良質の素材を適切な方法で準備する必要があります。まずバターは常温に戻しておきましょう。ボウルの中に強力粉やドライイースト、そして砂糖と塩を全て投入したら、軽く泡だて器でかき混ぜてから、ぬるま湯と溶き卵を混ぜます。軽く混ぜ合わせたら、こね板に移してパン生地をこねていきます。こねる際には、パン生地を上下に伸ばすような感じでグルテンの生成を促進してあげてください。そうすることで、パンの弾力性やモッチリ感が高まります。 

パン生地がある程度なめらかになってきたら、バターを加えてさらにこねていきます。バターを加えると生地がベタベタして、くっつきにくくなってしまうかもしれません。そのため、まずは生地をしっかりこねた上でバターを加えるという順番がおすすめです。 

バターを加えたら、生地のこね方を上下に伸ばす方法から、こね板にたたきつける方法にシフトします。この作業をすることによって、パン生地に弾力が出ます。ある程度弾力性が出てきたら、パン生地を丸くしてボウルに入れ、ラップをして休ませてください。こうすることで、生地が大きく膨らみます。

生地が2倍ぐらいに膨らんだら、成形して天板に並べてオーブンで焼けばOKです。

Eating Hokkaido(イーティング北海道)の商品の魅力

Eating Hokkaido(イーティング北海道)では、北海道産小麦粉というだけでなく、パン作りにピッタリのブレンド強力粉がラインナップされています。パンの弾力やフンワリ感、そして口当たりや甘さなどのバランスを考えた上での配合率なので、自身で複数の小麦粉を購入してブレンドするよりも、高い完成度が期待できます。

北海道産パン用小麦粉商品一覧ページはこちら