パンケーキがフワフワに膨らむのはベーキングパウダーの作用によるもの!

パンケーキがフワフワに膨らむのはベーキングパウダーの作用によるもの!

パンケーキが膨らむのはベーキングパウダーが入っているから

パンケーキを焼くと、焼いている間に生地がふっくらと膨らんで、フワフワな仕上がりになります。これは、パンケーキの材料にベーキングパウダーを使っているからです。ベーキングパウダーは「ふくらし粉」とも呼ばれていて、小麦粉で作るパンケーキやドーナツ、蒸しパンなどの生地をフンワリさせる役割があります。

ベーキングパウダーには、酸性剤と炭酸水素ナトリウムが含まれています。この成分が牛乳や水、卵などパンケーキに使われている他の材料に含まれている水分と化学反応を起こし、炭酸ガスを出します。このガスが生地内に充填することで、生地がふんわりと膨らむのです。さらに、パンケーキを作る際には熱を加えます。この熱によって炭酸ガスはさらに膨張して、ふっくら度がアップします。

ベーキングパウダーに含まれている酸性剤には、2種類あります。1つ目は常温で水分と化学反応を起こしてガスを出すもの、そして2つ目は熱を加えることによって膨張作用が働くタイプの酸性剤です。それぞれが作用することによって、パンケーキの生地はふっくらと仕上がるのです。

Eating Hokkaido(イーティング北海道)の北海道産小麦粉の品質アップ効果も

ベーキングパウダーをパンケーキ生地に入れることによって生地は膨張しますが、ベーキングパウダーの働きはそれだけではありません。フワフワにすることによって小麦粉など生地の材料に使われている食感を軽くする役割もあります。Eating Hokkaido(イーティング北海道)が取り扱っているような良質な北海道産小麦粉を使ってパンケーキを作ると、素材の良さがベーキングパウダーの働きによって軽い食感となり、更においしさを堪能できるという相乗効果が期待できます。

またベーキングパウダーには、パンケーキを焼いた時に表面に焼き色を付けることをサポートする働きもあります。これは、ベーキングパウダーに含まれている重曹の作用によるものです。小麦粉と混ぜて加熱することによって、小麦粉内に含まれているフラボノイド色素とアルカリ性の重曹が反応して、フラボノイド色素を黄色くしてくれます。ただ焼くだけでも焼き色はつきますが、ベーキングパウダーを入れることによって、北海道産小麦粉で作るパンケーキを更においしく見せることができます。

Eating Hokkaido(イーティング北海道)では、お菓子作りにピッタリの北海道産小麦粉のブレンドや、パン作りにピッタリの強力粉ブレンドなどたくさんの商品をラインナップしています。ニーズに合わせてぜひご利用ください。 

北海道産小麦粉の商品一覧ページへ