Eating Hokkaidoならブレンド中力粉で買える!北海道産小麦粉「はるきらり」の魅力

Eating Hokkaidoならブレンド中力粉で買える!北海道産小麦粉「はるきらり」の魅力

2007年に優良品種となった北海道産小麦粉「はるきらり」

「はるきらり」は、2007年に北海道産強力小麦の品種として優良品種に認定されました。北海道は、国内で消費される小麦の約12%のうち、約65%を栽培しています。しかし、品種によっては気候や天候によって病気になりやすく、農家を困らせるものも少なくありません。しかし「はるきらり」は、低温および多湿の環境に強い耐性があります。また、パン作りにとって適した性質を持つため、北海道産小麦粉として注目されています。 

はるきらりの特徴

「はるきらり」は、他の北海道産小麦粉と比較すると、食感は柔らかめです。味や香りがシッカリしているという性質があり、パン作りに使用すると見事な風味や舌ざわりを楽しむことができます。柔らかい生地は伸びが良く、パンを焼く際には大きくふっくら膨らむという点もまた、魅力です。 

またはるきらりは、他の北海道産の小麦粉よりも色が白いという点も特徴です。この色を生かして白パン作りにもおすすめですし、ロールパンなどにも人気が高いです。

Eating Hokkaido(イーティング北海道)ではブレンド粉として販売

はるきらりをブレンドした小麦粉は、Eating Hokkaido(イーティング北海道)でも取り扱っています。「ゆめちから」や「きたほなみ」「キタノカオリ」と合わせてブレンドしたパン用の強力粉ミックス「ユメミルうさぎ」という商品として販売されています。

Eating Hokkaido(イーティング北海道)で取り扱っている小麦粉は、どれも北海道産のものを厳選しており、「ユメミルうさぎ」も例外ではありません。ユメミルうさぎは、パン作りを想定したブレンドとなっており、特に食パンの原料としては大きな人気を誇っています。

はるきらりを使って作るパンは、内側のクラムとよばれる内層までふんわりしやすいという魅力もあります。菓子パンとしても美味しく仕上がりやすく、フィリングとの相性も抜群です。食パンとして使えば、モチモチの弾力性を堪能でき、幅広く応用できる小麦粉という点でも、人気があります。

Eating Hokkaido(イーティング北海道)が取り扱う「ユメミルうさぎ」は、一般家庭用なら1kgサイズが便利ですし、よくパン作りをする人や業務用なら10kg25kgサイズもあります。 

▼ゆめちからブレンド「ユメミルうさぎ」1kg 5kg 10kg 25kg 北海道産パン用強力粉 の商品ページ

ゆめちからブレンド「ユメミルうさぎ」1kg 5kg 10kg 25kg 北海道産パン用強力粉の商品ページ