ホームベーカリーを使うと手打ちうどんが簡単に美味しく作れる!

ホームベーカリーを使うと手打ちうどんが簡単に美味しく作れる!

ホームベーカリーで美味しい手打ちうどんが作れる!

手打ちうどんは、自宅で作ることができます。しかし、全てを手作業ですると、時間や手間がかかるため、面倒だと感じる人は多いでしょう。そんな人におすすめなのが、ホームベーカリーを使ったうどん作りです。 

手打ちうどんを作る工程には、こねる作業や寝かせる作業、その他に叩いたり切ったりというたくさんの作業があります。このうち、ホームベーカリーが対応できるのは、小麦粉と水を混ぜて予備熟成させたうえでこねる作業です。機種によっては「うどんコース」が事前にプログラムされているものもありますが、なくても基本的なこねる作業はパン作りと同じなので問題ありません。

Eating Hokkaido(イーティング北海道)とテクノロジーの融合

うどんの美味しさを決める要素には、さまざまなものがあります。素材の質もその一つで、Eating Hokkaido(イーティング北海道)が取り扱っているような良質な北海道産小麦粉を使えば、ホームベーカリーのテクノロジーとの相乗効果によって、強いコシのあるうどん麺ができます。 

うどんのコシは、小麦粉内部に含まれているグルテンに大きく関係しています。小麦粉に含まれているたんぱく質が水と混ざることによって、グルテンという粘性のある成分が作られます。ホームベーカリーを使うことによって、手作業では時間と手間がかかる作業を効率的かつ合理的にできるので、グルテンをマックスに生成できるというメリットが期待できます。

北海道産小麦粉で作る美味しいうどんの秘訣

Eating Hokkaido(イーティング北海道)が取り扱っている商品は、どれも良質な北海道産小麦粉ばかりです。うどん作りに適した強力粉や中力粉も多く、たくさんの品種から選ぶことができます。 

手作りうどん麺を作る際に必要となる材料は、基本的には小麦粉と塩だけです。そのため、小麦粉の質はうどんの仕上がりや美味しさと直結していると言っても過言ではないでしょう。しかし、更においしく仕上げるためには、ホームベーカリーを使うだけでなく、更にちょっとした工夫をすることもできます。

例えば、うどん作りでは生地を寝かせる時間が必要です。基本的にホームベーカリーを使うと、こねた後にそのまま常温で生地を寝かせることになります。この時、室温に少し気を遣って20℃ぐらいにしておくと、生地を寝かせるのにベストな温度となるでしょう。もしも冷暖房などを使っていて室温20℃の状態を作ることが難しければ、寝かせる時間だけホームベーカリーから生地を取り出して、温度を20℃ぐらいに調整した場所で寝かせるという方法もアリです。

▼「さらさ」 1kg 10kg 25kg 北海道産菓子用中力粉きたほなみ100%野商品ページ

「さらさ」 1kg 10kg 25kg 北海道産菓子用中力粉きたほなみ100%の商品ページ

▼「華粉(はなこ)」 1kg 10kg 25kg 北海道産中力粉きたほなみ100%の商品ページ

「華粉(はなこ)」 1kg 10kg 25kg 北海道産中力粉きたほなみ100%の商品ページ